出稼ぎも悪くないと思った

7月までの契約だったけど、もう少し働くことにしました。

といっても来週の12日で最後なんだけどね。

今までは休日も含めて毎日朝から日付が変わる頃まで働いていました。

バイク通勤している間も仕事中も「早く小屋に戻りたいな〜」なんて思ってました。

そしたら心を病んだ。

ちょうど良い機会だと思って、今回の働き方についてゆっくり考えてみました。

結論。

こんな働き方をしていたら、やっぱり病みますよね。

会社員として現役バリバリの時でさえ高稼働でしんどかったのに、山に一年以上引きこもって突然こんな働き方したらそりゃそうなりますよ。

お金を稼ぐことに意識しすぎて一番大事な「自分」というものをおろそかにしていました。

お金に縛られたくないと思って小屋暮らしを始めたのに、気づいたら会社員時代よりお金を意識しすぎていてもっと縛られていました。

お金に縛られていた

自分は、仕事とプライベートという区別ができないので、出稼ぎの間だけ我慢するという切り分けはできません。

7月からは週3回の8時間労働で働いています。

今の自分にはちょうどいいペースです。

自分の置かれた状況を理解して、ここから先には踏み込まないぞという境界線を設けて出稼ぎで生活資金を稼ぐのも悪くないと思いました。

雇われ労働の良いところは、自分の時間さえ提供すれば報酬を獲得できるところです。

雇用体系や職種を選ばなければ今の日本には働き口はたくさんあると思っているし、実際あります。

出稼ぎ一本だけで生活をまわしていくのではなくて、食料の自給を含めて資産の調達手段をいくつか持った方がいいのかもしれない。

スモールビジネスをいくつか持つイメージかな?

まだその辺のことはよくわかっていませんが、自分にとってのバランスを知ることが大事なんだと思っています。

出稼ぎが終わったらゆっくり考えてみようと思います。

今回の出稼ぎ、色んな意味で本当に良い経験となりました。

よーし、あと少しだ!もうすぐ僕の夏休みが始まるぞー!

スポンサーリンク

シェアする