引き篭もり・温泉・インフラ

昨日は小屋で引き篭ろうかと思ったけど、どうしても温泉に行きたくなって雨の中小屋を飛び出した。

久しぶりの温泉は気持ちよかった。その後は温泉施設で1日引き篭もる。

普段は行水ベースで身体を清めているけど、近くに温泉があってよかったなと思う。

小屋暮らしをする上で、近くに温泉あるいは銭湯、つまりは公衆浴場があるということは、そこそこ快適な生活を求めるのであれば重要な要素かもしれない。

もしくは、自前でシャワーブースでも設けるか。

そうすると、水道が必要になってきたり、排水を余計に気にしなければいけなくなったりとやらなければいけないことがどんどん増えてくる。

ちなみに、うちは洗剤を一切使っていない。

エコとかそういう流行りの話ではなくて、捨てるのが厄介だし、我が家には水道がなく水が貴重なので洗剤のすすぎに使いたくない。

今の暮らしの数倍の水が必要になってくる。

水

今は独り身なので定住するつもりはなく気の向くままブラブラするために自分の中での必要最低限の設備で生きていこうと考えているけど、今後家庭を持ったり定住したくなるような居場所を見つけた場合は、そこそこインフラの整った環境でどっしり構えて住みたい。

水道があって、シャワーがあって、海が近くにあって、のんびり釣りでもして、夜は釣った魚をおかずに味噌汁と米を食べて…

あっ山梨、海ないですね。

スポンサーリンク

シェアする