節約目的の小屋暮らし

携帯マグをいつも持参しています。

こんなやつですね。

携帯マグ

サイズは500mlです。

コンビニでよく見かけるペットボトルと同じサイズです。

会社員の頃から愛用しています。

入社してからの数年間は、飲み物は毎日コンビニで緑茶を買っていました。

休日に東急ハンズで買い物をしていた時にふと目にとまり、飲み物代の節約目的で購入、出勤前に水を入れて使い始めましたが、数ヶ月で使用するのをやめてしまいました。

押し入れの中に数年間放置されていました。

ある日、親父が出張土産で中国の茶葉を買ってきてくれました。

自宅でお湯を沸かして飲んでみると、これが美味しくて美味しくて。

コンビニで売られているお茶なんかより何倍も美味しくて、これは是非職場でも飲みたいなと。

その時に押し入れに眠っている携帯マグの存在を思い出して、それ以来毎日愛用しています。

塗装が剥げてきて、良い感じになってきました。

節約にはあまり興味がないのですが、それは経済的に余裕があるからではありません。

自分の場合、節約だけを目的に何かをやると、段々と苦になって続かないんですよね。

自分で作ったお茶のほうが美味しい、この美味しいお茶を職場でも楽しみたい、だからコンビニでお茶を買うのはやめて、毎朝作って持参しようと思い、継続できました。

そのおまけとして節約にもつながっていて、経済的に助かっています。

あくまでも動機は、自己の満足です。

食費や光熱費、家賃などの生活費を節約するためにコスパの良い生活を送ろうと考えている方がいましたら、ちょっと立ち止まって考えてみてください。

今している、もしくはしようとしていることは、自身にとって直接的に喜びを実感できるものなのか、と。

自己の満足のためなのか、と。

大事なのはお金ではありません。自分です。

家庭を持ってらっしゃる方であれば、自身を含む周りにいる家族なのかな。

今は、小屋暮らしを始めて良かったなと心の底から思っています。

なぜなら、自分にとって建築工程を含めて、小屋暮らしはとても楽しいものだからです。

節約が小屋暮らしの目的ではありません。

楽しむための小屋暮らしです。

楽しくなければ小屋は建てられなかったと思うし、建てられたとしても上記の携帯マグのように数ヶ月で捨てていたかもしれません。

ただ、自分の場合は実践した結果としてたまたま楽しいと感じていますが、実際にやってみないと楽しめるかどうかわからないかと思います。

その点で始める前はとても不安でした。

でも勇気を出して実践して良かった。楽しい。

今回のお話は、小屋暮らしに限った話ではありません。

もし、今の状況が嫌で嫌でたまらなくて何とかこの状況を変えたいと思っているのであれば、とりあえず実践してみるというのもありかと思います。

やってみて合わなかったら、その時また考えようというくらいの感覚で。

死なない程度に。

そこで別の何かに気付くかもしれません。

それはそれで、きっと大きな収穫となります。

そして、小屋暮らしのようなローコストな生活を楽しく送れるようになれればもうしめたもの。

生活はぐっと豊かになるかと思います。

草津温泉で足湯

そんなことを草津で足湯に浸かりながら一人で考えていました。

独り言おしまい。足湯、気持ちいい。

スポンサーリンク

シェアする