【ネパール】牛とともに生きる

乳搾り

各家庭が牛を飼育しています。

今日も乳搾りを行います。

この牛とはまだ友達関係にないので、自分が絞ろうとすると角で攻撃してきます。

早過ぎたようです。

これから良い関係を築いていきたいです。

牛乳

茶こしで漉して牛乳を鍋に移しましたら、火にかけていきます。

吹きこぼれないよう時々かき混ぜます。

これは一般的なキッチンですが、土でできているので火事の心配がなく、子どもでも安心して使うことができます。

小さい頃からこういう環境で当たり前のように煮炊をすることで、自然と火の扱い方を覚えるのかもしれません。

ホットミルク

ホットミルクが完成しました。

搾りたてなので牧場の牛乳みたいに超濃厚かと思ったけど、意外とあっさりしていて毎日飲むには丁度良い濃さで美味しいです。

これを起床後と就寝前に必ず飲みます。

日の入り

ここネパールにおいて、牛と人間は、宗教という枠を越えた密接な関係にあります。

牛とともに生きる1日でありました。

今日もまた、陽が沈みます。

スポンサーリンク

シェアする