IHクッキングヒーターを導入してしまった

IHクッキングヒーター

ターンテーブルではありません。調理器具です。

タイトルからお察しのとおり、ちょっと後悔しています。

カセットコンロだけで十分生きていけることは知っているはずなのに、余計なものを買ってしまったと。

電力会社から電気を買っていると、色々な電化製品が使えてしまうので自分で線引きをしないと危険です。

ミニマルなソーラーシステムであれば、生産可能な電力に限りがあるので供給を増やすためにはパネルを増設するしかないと思うのですが、電力会社から電気を購入する場合は、金さえ払えば、火力だったり原発から(個人で使用するレベルであれば)ほぼ無制限に電力が供給されるので、電力を使うということが日常化して有り難みを感じることがなくなってしまう。

そういう感覚が当たり前になってくると、停電になっただけで途端に生活が成り立たなくなってしまう人が出てきてしまいます。

そう、ぼくです。

でも買ってしまったものは仕方がないので、有効活用しようと思います。

しかし、有効活用するためにはIH対応の鍋が必要です。

Oh, Brother… コメリで安物の鍋を調達してきました。

IH対応鍋

来年は、このIHと専用の鍋のために余計に労働をしようと思います。

Amazonがセールなんかするからこういうことになるんだ!

コンデジが欲しいんだけどカメラも安くなりませんかね、Amazonさん?

スポンサーリンク

シェアする