全ての人にとって生きやすい年となりますように

帰省した際に、親戚から「長男は結婚して子どもがいてマイホームとマイカーがあって会社に勤めていて立派なのにあなたは…」みたいなことを言われたが、あの類の発言ってどこから来るのだろう。

何かの宗教なのか、もしくは政府に通じている人間なのか。

家庭を持つということはきっと素晴らしいことなのだろう。

家や車も持てないよりは持てる身分の方がいいと思う(持つ持たないは別として)。

でも、35年間支払い続けなければならない借金をしてまで、持つべきものなのか。

そこまでして手に入れるほど価値あるものなのだろうか。

家なんて雨風外敵の侵入を防いで寝ることができれば最低限の役割は果たしているだろうし、高級車に乗って移動する必要もない。

そもそも、人の人生を他人のそれと比較することに何の意味があるのだろう。

人生は人それぞれだ。

いい加減、この資本主義社会を操作している一握りの人達による洗脳から目を覚まして欲しいとは思っているが、他人を変えるなどというような奇跡を起こすことは自分にはできないし、変える気もない。 

今の世の中には、なくても困らないモノのために働きすぎている人が多すぎる。

自分にとっては、この現代社会はなかなか生きやすいと感じているが、そうでない人もいる。

なぜこんな世の中になってしまったんだろう。

_____

そんなことをこの1週間考えていました。

年末年始はとても騒がしくて忙しくて疲れたけど、ようやく去年のことを振り返ったり、これからのことを考える余裕ができたことに安堵しています。

2017年が、全ての人にとって生きやすい年となりますように。

スポンサーリンク

シェアする