たるかりブログを100記事書いてみて感じたこと

先日、たるかりブログの記事数が100に到達しました。

「ブログでも書くかっ!」と思ってブログの管理画面を立ち上げた時に気付きました。

1年くらいかけての100記事達成となりました。

この数字を目標にしていたわけではないので特に達成感はありませんが、せっかくなのでブログを書いてみて感じたことをまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

新たな発見に気付くことがある

今までの経験を振り返って整理をすると見えてくることがあります。

この記事が良い例です。

ブログを書き続けたことで、知らない間に以下のようなことを得ていたんだなと気付かされます。

文章を書くスピードが上がった

1記事に費やす時間が減りました。

ブログ開設したての頃は、1記事に丸一日かけていた時もあったけど、今ではどんなに長くても数時間です。

書き続けていれば自然と書くスピードが向上してきます。

ちなみに、この記事は振り返る時間を含めて2時間で書いています。

もっと早く書けるようになりたい。

お金が入ってくるようになった

これを書かないと嘘をつくことになります。

ささやかですが、広告収入が入ってくるようになりました。

とても食べていけるような金額ではないけれど、心の病気でがっつり働けない状況にある今の自分としては助かってます(がっつり働くつもりなんてないですが)。

無収入状態で支出の全てを貯金から切り崩していたテント生活の時期に比べると、一部をそれで賄うことができるので精神的に楽です。

今後は、ブログと日雇いのバイトで収入を得るマルチな人間としてこの現代社会を生き抜いて生きたい。

情報発信することで繋がりを持てるようになった

情報発信をすることで、似たような感性の方々と繋がるようになってきました。

現実世界ではなくて、ネット上の世界です。

いいねボタンを押し合ったり、たまにリツイートするような仲です。

これくらいの関係がちょうど良い気がします。

程よい距離感でコミュニケーションをとることができていて、独りで生活をしていても孤独を感じることは今のところはありません。

いいね・リツイートしてくれる皆んな、どうもありがとう。

いつもたるかりブログを読んでくれる皆んな、どうもありがとう。

お気楽な生活

このブログは書きたいと思った時に書いています。

書きたくない時に無理して書いたりはしません。

無理して書いた記事を、無理して読んでもらいたくはないのです。

無理を続けて心を病んでしまった経験もありますし。

そもそも、お互い不幸ですし。

お気楽な生活を目指している僕の人生をありのまま綴って、読み手もまたお気楽な気持ちで読んでもらう、それくらいの距離感でこれからも訪れてくれたらとても嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする