コシアブラ。今年初めていただく春の味覚

コシアブラにフラれ、チャルメラに恋をする

GWは家族と過ごした。

その間に僕のコシアブラはすくすくと育っていった。

前回確認した時はまだ蕾の状態だった。

コシアブラは新芽を摘んで頂くのだが、ここまで成長してしまうとただの葉っぱである。

スーパーや道の駅でも売っているので食べようと思えば食べられるのだが、それでは味気ない。

去年は東京への出稼ぎで機会を逃してしまった。

今年はなんとしてでも食べたかった。

よく観察すると誰かが摘んだ形跡があってそこから新芽が少しだけ生えていた。

これは、有り難い。

コシアブラにフラれ、チャルメラに恋をする

ようやく春のご馳走に出会えた。

早速、味噌汁の具にしようかと思ったけど勿体ないので生のまま食べた。

コシアブラ独特の香りが口の中にブワーーーッと広がる。

今年はオリーブオイルで炒めて醤油で香ばしくいただく予定だった。

来年はタイミングを逃さずに春の味覚を存分に楽しみたい。

時期遅れのコシアブラ

最近は、ハチをたくさん見かけるようになってきた。

自分の土地の四隅には境界線がわかるよう木の棒をさしているのだが、コイツはその棒を一生懸命かじってた。

ズームなしのドアップで撮影しても警戒心ゼロ。

巣作りをしているのかもしれない。そっとしてあげる。

家を作ることの大変さがわかっている僕なりの愛情表現です。

自分の小屋に巣を作り出したら速攻で破壊しますけど。

スポンサーリンク

シェアする