サトゥーンとクラビの海

サトゥーンはマイナーな国境街なのか英語表記が少ない。

タイのニョロニョロした文字ばかりで何が何だか検討がつかない。

中に入るとそこは市場だった。

かなりデカイ規模の朝市だ。

あらゆる食材がここで取引されている。

通路を歩いているだけで面白い。

日本にもこういう市場が普段の生活の中にあるといいと思う。

商店街がそれに近いかと思うが、大手スーパーマーケット及びコンビニの台頭によりシャッター通りと化してしまった。

それはそれで、人と会話をする必要がないので気楽ではある。

こういうローカルな市場には必ずといっていいほど地元向けの食事処がある。

自分はこういう場所で食べる料理が好きだったりする。

今回のタイ、初めての朝ごはん。

モツ・血を固めたゼリー状のもの・ひき肉・レタスのスープに白米。

米によく合う美味しいスープだった。

30THB‪≒‬98円。

バスターミナルで次の目的地のチケットを入手する。

こちらもニョロニョロとした字で理解不能。

もはや英語の筆記体が読めないとかそういう次元ではない。

試しに「クラビ」と言ったらあっさりチケットを購入できた。

プーケット行のバスに乗り込む。

どうやら、クラビは途中下車するらしい。

車内の様子。

マレーシアのバスは綺麗だったが、タイのバスも綺麗で快適だった。

日本のバスより良い。

ステレオの操作はまさかのミキサーだった。

イコライザーのツマミまでついてるし。

運転手はフェーダーを上げ下げしてボリュームを調整していた。

元DJのドライバーなのか、DJだけでは食べていけないからドライバー業務で生活費を稼いでいるのか知らないけど、安全運転でお願いします。

クラビのバスターミナルに到着した後は、乗合タクシーで街の中心へと移動する。

一緒に乗った欧米人に話しかけられたが、話をする気分ではなかったので「ソーリー、ノーイングリッシュ」と答えておいた。

無理して会話をしたところでお互い不幸になるだけ。

さて、ここはビーチリゾートです。

以降、ハイライト(手抜き)でお届けします。

S字フックが大活躍。

寝て起きたら乾いてる。

持ってきてよかった。

スポンサーリンク

シェアする