チェンマイで交わす日本語コミュニケーション

今日も良い天気。

天気が良すぎて暑いくらい。

元気に取材を開始します。

宿にて、自由に使っていい自転車があったので、お言葉に甘えて使わせてもらうことにした。

レンタル代が浮いた。

浮いたお金は別の用途(取材)に使おうと思う。

守りの戦術は取らない。

今は攻め時だと心得ている。

守りに入るのは資産を築いてから。

まぁ大富豪になろうとは思ってないので、資産を築くも何もないのではあるが…

出掛けようかと思ったら、宿のオーナーさんからお茶を誘われる。

そういえば最近は砂糖がたくさん入った甘いお茶しか飲んでないなぁと思い、一緒に飲むことにした。

久しぶりのシンプルなお茶は、新鮮で美味しかった。

美味しいお茶を飲んだところで取材開始。

今回は、色々なお寺を見てまわった。

入場料はきちんと払う。

入場料を取らないところは気持ちの寄付をした。

なんとなく寄付したかった。

誰かのためではない。

自分のため。

腹が減っては戦はできないので米を食べる。

地元の人で賑わっているローカルな食堂はやはり美味しい。

ガパオライス(タイ語でなんというのかわからない)に目玉焼をトッピングしてみた。

とろ〜り半熟卵が堪らない。

37THB‪≒‬123円。

取材を再開。

午前は寺を中心にまわったが、午後は宿やノマド向けのカフェなどを探した。

色々とまわったが、チェンマイはノマドワーカーにとって作業しやすい環境が整っていると思う。

新規で立ち上げる旅行者向けサイトにて是非紹介したい。

朝から炎天下の中ずっと自転車を漕ぎ続けたのでさすがにシンドイ。

このままじゃ干からびちゃう。

こういう時はミルクティーを飲みながら休憩するに限る。

クソ暑いのにホットを注文する。

インドのチャイと良い勝負になるくらい美味しいしやめられない。

タイに来たら是非飲んでみて!

10THB‪≒‬33円。

取材を終えてクタクタの状態で宿に戻ると、日本人の女性がロビーでビールを飲みながら寛いでいた。

とりあえず疲れたので自分もビールを飲む。

彼女の名前はナナさんで、インドでホテルのお手伝いをした帰りにお気に入りのチェンマイにやって来たらしい。

穏やかだが内面はエネルギッシュな方だった。

自分の人生を好きに送っているようで率直に素敵だなと思った。

チェンマイ&タイについてめっちゃ詳しくて、インドから来たばかりにもかかわらず色々と教えてもらった、サンクス。

今回の旅行で初めて日本語で会話した気がする。

ビールを飲んだ後は、ナナさんおすすめの屋台で夕飯を食べる。

少し距離があったので彼女を後ろに乗せて自転車で向かう。

ほどよい小雨が心地良かった。

インドではほとんど雨が降らなかったらしく、ナナさんは大変喜ばれている様子であった。

お店(屋台)に到着。

たくさんのお客さんで賑わっていた。

お邪魔しまーす!

豚肉と半熟卵のご飯。

これがめちゃくちゃ美味しかった。

タレだけでご飯2〜3杯はいける。

これなら週5で食べられると思った。

やっぱり海外で食べる屋台料理は美味しいし楽しいね。

以前は、海外に来てわざわざ日本人と会話をしたくないと頑なに拒否していたが、今はそういうことは全くない。

積極的に探そうとは思わないけれど、偶然出会ったらそれはそれで全然ウェルカム。

そこに国籍は関係ないんだと思う。

あの時とは明らかに自分の中で何かが変わった。

少しは成長したのかな。

つまらないプライドを捨てることができたのかもしれない。

以前よりも心が穏やかに、豊かになった気がする。

少しずつ自然体で人と会話ができるようになってきてるし、良い方向に進んでいる感はある。

食後はまたビールを飲んだ。

お互いビールが好きみたい。

LEOビールを飲んだんだけど、楽しくって写真撮るの忘れちゃった。

料理もビールも会話もナイスだった。

ナナさん、会えて嬉しかったです。

また、いつか、どこかで。

スポンサーリンク

シェアする