ダナンで感じる夜風と波の音

ダナンのビーチ。

ダナンは開発が進んでおらず、観光客が少ない。

砂浜の白と空の青が眩しい。

透明度チェック。

ニャチャンビーチとは比べものにならないほど透き通っていた。

これは素晴らしい。

丘の上からダナンを望む。

高い建物が少ない。

ダナンに行くなら今だと思う。

これからのダナンは、高級ホテルが建ち並ぶベトナム有数の観光地になる。

典型的なビーチリゾートとなるだろう。

根拠はないが、実際に現地を訪れてそう感じた。

宿はいたって快適。

600円ほどで寝床は確保できる。

しかも朝食付き。

言うことなし。完璧。

ダナンの街、交通量は少ない。

穏やかで居心地が良い。

歩くスピードは自然とゆっくりとなる。

夜はダナンシーフードを堪能しようと思う。

レストランでもよかったけど、風が涼しくて気持ちが良かったので外の屋台で食べることにした。

好きなものを指差しで注文する。

今夜はたんまり食べると決めている。

英語は通じないので調理方法は全てお任せにした。

とりあえずのジュース。

氷の入ったグラスで飲む。

ベトナムのジュースは一部を除いてあまり好みではないのでタイガーで乾杯。

周りの地元客もタイガーだった。

料理が運ばれてきた。

田螺、浅蜊、海老、蟹。

どれもビールによく合うしとても美味しい。

これだけ飲み食いして全部で1,400円。

これを高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれかとは思う。

個人的には、宿も料理も完璧な一日だった。

食後は海を眺めながらダナンを感じることにした。

色々と考え事をしたと思うのだがよく思い出せない。

夜風と波の音が頭の中をカラッポにしてくれた、そんな気がした。

今日は今日、明日は明日。

寝て起きたらまた新しい一日がやってくる。

可能性は無限大。

そう考えると毎日が楽しみでしょうがない。

未来は明るいと思った。

スポンサーリンク

シェアする