僕には小屋という強力なバッグボーンがある。

サイト運営の収益は全て旅行サイトに投資している。

他に収入がないので貯金を切り崩して生活をしているわけであるが、その貯金が底をつき始めてきた。

このままでは大好きな味噌汁が食べられない。

というわけで、今月から東京で出稼ぎをしている。

1年半ぶりの雇われ労働となるわけだが、今回の出稼ぎにはいくつかの目的がある。

スポンサーリンク

今回の出稼ぎの目的

一つ目は「生活資金の確保」。

まずは生きていくために米や野菜や味噌を調達するための資金を確保したい。

これは前回と同様ですね。

二つ目は「出稼ぎの可能性」を探るため。

今回は、我慢の場ではなく、学びの場にしたいと考えている。

できる限り雇われ労働をせずに生きていきたいとは考えているが、仮にサイト運営が上手くいかなくとも、少しの出稼ぎさえすれば生きていけるんだということを身を以て学びたい。

そのためにも実際に雇われて働く必要がある。

これは極めて大切な確認作業だと言える。

出稼ぎ

三つ目は「リベンジ」である。

前回の出稼ぎでは自分の心に耳を傾けることなくカネのために我慢を続けてうつ病というご褒美を頂いた。

未だ治療中の身ではあるが、今回の出稼ぎでこれを過去のものとしたい。

正直言うと、今回の出稼ぎはちょっと怖いし、あんなのはもう二度と経験したくない。

それに実際に心を病んでみてわかったことだが、以前のような精神状態を取り戻すことはもうできないだろう。

でも、ここでやらないと一生出稼ぎに対して恐怖心を抱くことになり、死ぬまで怯えながら生きることになるかもしれない。

これは己との戦いである。

大丈夫。きっとできるはず。

僕には小屋という強力なバッグボーンがある。

小屋暮らし

スポンサーリンク

シェアする