どうやら僕は、自分に厳しすぎるようだ。

きっかけは、風邪だった。

去年、出稼ぎのリベンジに見事に勝利し、意気揚々とサイト運営に注力しかけたところで体調を崩した。

風邪で寝込むこと自体は、身体の防御反応が機能していると考えれば大したことはないのだが、体調が回復しないうちに作業を再開、不調が長引いたことが引き金となり、ギランバレー症候群とかいうなんだか聞きなれない面倒くさそうな病気へと進行。

医者の言う後遺症が今後残るのかどうかは知る由もないが、気合いで治しかけたところでそのストレスから再び鬱状態となってしまった。

また自分に嘘をついてしまった。

きっと、頭のどこかで、早く小屋に戻ってサイト運営に注力したいという想いがあったんだと思う。

鬱病なんてものは、自分の意思と置かれた環境のギャップに耐えきれなくなることで発生する身体の防御反応だと考えているので、自分の身体が正常に機能しているという意味では、再びこのような状況となって良かったのかもしれない。

自分のことは自分が一番よくわかっている、そう思っていたが、もしかしたら僕は、自分のことは未だに何もわかっていないのかもしれない。

どうやら僕は、自分に厳しすぎるようだ。

”妥協”という二文字は存在しないのだろうか。

いずれにせよ、この瞬間にやりたいと思ったことに対して何もできないというのは、ちょっと悔しいし、今回のようなことはできる限り繰り返したくないという気持ちがあるので、体調管理には気をつけていきたいと思った次第。

仮に体調を崩したとしても、一時停止して、適当にやり過ごすような生き方を身につけていきたい。

置かれた場所で花を咲かせられるような意識を持つことは大事だと感じたし、そんな場所をより良いものとするために、環境は自分で整えてやる必要があることを今回の件で学んだ。

自分に必要なものは、資金を投じてでも環境を整え、それを今後の糧へと変えていく。

出稼ぎで潤沢な資金を得たのだから、今は何も心配は要らない。 

不器用なりに試行錯誤しながら生きていけば良い。

さて、そろそろ山梨に戻ろうかと思う。

スポンサーリンク

シェアする