プレムアム付商品券を申請してみた。

シェアする

タイトルの通りだが「プレミアム付商品券」を申請してみた。

まず、プレミアム付商品券についてだが、政府の公式情報を見てみると…

  • 消費税率の10%への引上げに伴い、家計の負担緩和や地域の消費下支えのため、プレミアム付商品券事業を実施します。
  • 全国の市区町村が、対象となる方々(住民税非課税の方、小さな乳幼児のいる子育て世帯)に対して、25%もお得に買い物ができる「プレミアム付商品券」を発行・販売します。※おひとりあたり最大2.5万円分の商品券を2万円で購入。※5千円分の商品券を4千円で、最大5回に分けて購入可能。
  • 購入いただいた「プレミアム付商品券」は、税率引上げ後の6か月の間、地域の幅広い店舗で日常的なお買い物にご利用いただけます。

とある。

どうやら、2万円の負担で2万5千円分の地域商品券がもらえるらしい。

政府の真の目的は知る由もないが、使えるものはありがたく利用させてもらうのが自分のモットーなのでもれなく申請を行った。

普段利用している店舗が商品券に対応していたのでよかった。

なお、利用可能な店舗一覧は申請書と一緒に町役場から送られてきた。

ちなみに、申請しても必ず手に入るとは限らないらしい。

申請後は審査があるらしく審査に通らないと商品券を購入することはできない。

なんじゃそりゃ。

申請内容にざっと目を通したところ気になったのは「青色事業専従者、白色事業専従者は対象になりません。」という記載だが、これは納税者が営む事業に従事している人のことを指すようで、自分のような青色申告をしているだけの弱小個人事業主は当てはまらないと思われる。

もっと調べてみようかなと思ったけど、申請するのはタダなのであまり深く考えずにとりあえず申請してみることにした。

もらえたらラッキーくらいの感覚で審査結果を待ちたい。

日本はやはり低所得者に優しい。

スポンサーリンク

シェアする