毎月安定した配当金を得て生活するためにはどうすればいいか考えてみた。

シェアする

DividendEveryMonth 0

2019年9月、計5社からの配当金。

数百円といった少額でも配当金が入るとなかなか嬉しいもので、定期的に入金されることが期待できる配当は精神安定剤的な役割としても機能するのでは?と実際に受け取って感じた。今後も愚直に投資を続けて配当金を増やしていきたい。


ところで、配当が入金されるタイミングは各社異なる。

アメリカの場合は年4回が一般的なようだが、自分が保有している銘柄はいつごろ株主に還元してくれるのか。知っておいて損はないかなと思い過去のデータから配当実績を調べてみた。

スポンサーリンク

配当がもらえるのはいつ?

現時点で自分が保有している銘柄は全部で10。

縦軸が銘柄コード、横軸が月です。

[銘柄別]配当タイミング

DividendEveryMonth

過去のデータなので将来にわたって同じタイミングで配当が受け取れるかどうか確実なことは言えないが、傾向はつかめるかと思う。

調べてみてわかったのは、3・6・9・12月に配当を出す企業が多いということ。
5〜6社もある。

逆に配当が少ない月というのもあって、赤色で塗りつぶしてある月がそれである。

1・2・5・7・11月が2社からしか配当の受け取りを期待できない。

12月が決算時期なので11月及び1月が少ないのは仕方がないとして、2月・5月・7月はもう少し配当金が欲しいというのが本音。

そこで、これらの月に配当を出す優良企業はないのかなと調べてみたところ、以下の企業が該当した。

  • ベライゾン・コミュニケーションズ (VZ)
  • アボット・ラボラトリーズ (ABT)
  • アッヴィ (ABBV)
  • コルゲート・パーモリブ・カンパニー (CL)

いずれの企業も2・5・8・11月に配当を出している実績がある。
(1月と7月に配当を出す優良企業は見つけられなかった)

「VZ」は通信系の企業で、この業界はAT&T(T)という銘柄を既に保有しているので却下。

「ABT」と「ABBV」はバイオ製薬・医薬品メーカーで、配当実績で考えるとABBVが魅力的。

コルゲート(CL)は言わずもがな、歯磨き粉で世界的に超有名な企業であり、他3社と比べると配当利回りは低いものの将来にわたって安定した配当を還元してくれることが期待できる。

よって、「コルゲート(CL)」と「アッヴィ(ABBV)」が最有力候補。

自分のような投資歴の短い人間が投資について語っているところから、最近は投資ブームであり過熱状態であると考えている。自身が神であるなどと過信はせずに、いつか必ず訪れるであろう景気後退のタイミングまでに銘柄を選定し、買い付けを実施していく予定。
全てはお気楽な生活のために。

スポンサーリンク

シェアする