ホーチミンで食べる生春巻きとランブータン

宿のテラスから望むホーチミンの町並み。

緑がない。大都市やね。

奥の冷房とファンのある所が自分のテリトリー。

“極寒”という2文字が相応しいベッドであった。

まぁ布団に潜り込めば問題なし。

宿自体はとても快適。

宿の前の通り。

ホーチミンでもここだけは外国人街となっている。

ホテルやバーが密集してる。

ヨソ者は一箇所に集めてしまいましょう。

シン・ツーリスト(旧シン・カフェ)にてバスチケットを手配する。

ベトナムはバスによる移動が便利。

ほぼフラットシートの寝台バスがおすすめ。

チケットの手配が終わったら取材を開始する。

ローカルバスに乗ってホーチミンの街を散策します。

業務中に編み物。

仕事に対する姿勢が素晴らしい。

仕事なんてものはこれくらいでいい。

自身の生活を優先して適当にやればいい。

こき使って仕事をさせるのは経営者の仕事であって、労働者の仕事ではない。

互いの首を絞め合うのはもうやめませんか?

市場にやってきた。

ホテル街から近くて、お土産を調達するには便利な場所かと思う。

ただ、観光客向けで何もかもが高かった。

鳥粥、60,000VND‪≒‬290円。

これでは旅行サイトで勧められないと思ったので、よりローカルな市場を探すことにした。

別の市場の様子。

このゴチャゴチャ感がいかにもローカルって感じ。

観光客がほとんどいないローカル市場で食べる生春巻き。

10,000VND‪≒‬48円。

美味。来てよかった。

自分へのお土産としてランブータン1kgを買ってきた。

開放的な宿のテラスで食べるランブータンはとても美味しい。

20,000VND‪≒‬97円で極上フルーツをたらふく食べられる。

これって素晴らしくないか?

スポンサーリンク

シェアする