久しぶりのアジア、ネパール行きの航空券を予約した。

シェアする

20190920 0

ネパール行きの往復航空券を購入した。

旅の終わりがあらかじめ決められた往復の航空券など買いたくはなかったが、現在の自分は立派な社会人なので致し方なし。現実を受け入れてこの悔しさを今後の糧にしたい。

成田発・バンコク経由でカトマンズまで飛ぶ。

まぁいつものルートですね。

スポンサーリンク

今回のネパール旅行の飛行ルートと料金

NRT⇄BKK

航空会社:Scoot(スクート)

料金:19,407円

LCCはいつも何かしらのセールを開催している印象があるけど、ある日ふと航空券の値段を眺めていたら今回もセールのタイミングだった。週末休みのサラリーマンを辞めてからはオフシーズンに海外に行けるので経済的にとても助かっている。

BKK⇄KTM

航空会社:Thai Lion Air(タイ・ライオン・エア)

料金:31,267円

これでも以前と比べれば安くなったのだけれど、ネパール発着の航空券は本当に高い。ネパールにはインドから陸路で行く方法もあるが、インド発着の航空券もやはり高いので素直に空路で入国する。国を問わずにローコストで外こもりをしたいだけであれば、用事がなければわざわざネパールに行く必要はないかなと思う。

理想的な外こもりを求めて

トータルで「50,674円」の交通費となった。

LCCの普及で交通費が安くなったとはいえ、万単位の出費となるとやはり無視はできないし、もっと効率的な移動・生活方法を考える必要があるなと思った。地理的に日本はアジア(タイやベトナムなど)から距離が離れているので、頻繁にアジアを訪れるのであればやはり生活拠点そのものをアジアに移すのが手っ取り早い。

そのためにクリアしなければならない問題がいくつかあって、その中でも「収入」という壁を越えるべく今は自分なりに努力しているところ。日本でバイトをしているが、ブログや投資といったバイト以外の収入源も並行して確保していきたい。

「理想的な外こもり」なんて書いてはみたが、理想なんて実は存在しないのでは?と鬱になってからは感じていて、変なプライドなんて捨ててしまって時代やその時の気分に合わせて柔軟に目的や手段を変えていけばいいと思う。いつの日か旅に興味がなくなるかもわからんし。

とりあえず航空券はおさえた。自分にとってメリハリってのはやはり大事で、鬱で自発的に身体を動かせないなか雇われ労働という「強制力」を味方にして生きていく方法はこの一年で身につけることはできたので、今後はメリハリという新鮮な空気を吸いながら生きていく方法を模索していきたい。

スポンサーリンク

シェアする