節約生活とポイント還元は最強の組み合わせ

シェアする

Bライフを始めるまでは、節約ないしポイントという存在を軽視していた。

ストレスを溜め込んで無駄なモノに散財していたので、ポイントを稼ぐくらいであれば嫌々でも残業して給料を多めにもらったほうが効率的だと考えていた時期があった(今振り返ると自分に対してゾッとする)。

スポンサーリンク

節約生活×ポイント還元

便宜上「節約」という言葉を使っているが、Bライフないしローコストライフでもよい。

低支出なライフスタイルを確立すると生活費を格安と言っていいほど低い水準で抑えられるのだが、そうなってくると全体の支出に対してポイント還元が占める割合は馬鹿にすることができなくなる。

ちなみに自分は月3万円を目安に生活している。

以下の画像は、たるかりが実際に受け取ったポイント還元の額である。

Kyashによるポイント還元

まずは「Kyash」から。

1,069円分のポイント還元

このポイントはクレジットカードが使えるお店であればどこでも使うことができる。

実質的には現金と同じ価値があり、月3万円で生活している身からすれば非常にありがたい。

残念な点としては、以前は2%の還元だったのだが10月からは1%に改悪されるということ。

それでも楽天カード&楽天Payに紐付けるとポイントの二重取り・三重取りができるので今後も使う機会はあるかと思う。

楽天カードによるポイント還元

そんなKyashのメリットを最大限に生かすためには「楽天カード」が必要となる。

いつも何かしらのポイント還元キャンペーンを実施しているので、カード会社としては大してありがたくもない月3万円で生活している自分のような人間にもまとまったポイントを還元してくれる。

米やサプリを買う際に楽天ポイントを使っているはずなのだが、気がつくとなぜかまたポイントが溜まっている。

この「気がつくと」が個人的には非常に大事で、なぜならポイントを稼ぐためにストレスを抱えてしまってはお気楽な生活とは言えないからだ。

「気がつくと」3,535円分も溜まっていた

これだけのポイントがあれば米2ヶ月分は買えるかと思う。

正直こんなにもらっちゃっていいんですか?と言いたくなるが、頂けるものは頂く主義なので遠慮なく頂戴する。

こんな気持ちになれるのもローコストライフを実践しているからかもしれない。

今の時代に楽天カードを持っていない人はいないとは思うけど、自分のような低所得者になるとクレジットカードの審査になかなか通らないということが多々ある。

もし嫌々でも現時点でそれなりの収入をもらえている身分であれば、審査が通る今のうちに楽天カードを発行しておくといい。

年会費はかからないし、後々ローコストライフに移行する際に必ず役に立つ。

宣伝みたいな記事になってしまったが、来月からはキャッシュレス還元事業が始まる。

ポイントの二重取り・三重取りを意識して身の回りのサービス・制度を有効活用することが現代のサバイバル術だと自分は信じているし、理不尽なことは右に左に受け流しつつ資本主義の綺麗な上澄みだけを掬いながらこれからを上手に生きていきたい。

スポンサーリンク

シェアする