コロナショック時の投資について、良かった点・反省点・改善点を考えてみたよ

かなり早いかもしれないけど今回の暴落(コロナショック)時の投資について、以下の3点を考えてみた。

  • 良かった点
  • 反省点
  • 改善点

今後のより良き投資に繋げていきたい。

スポンサーリンク

コロナショック時の投資を振り返って

良かった点

まずは良かった点から。

褒められて成長するたるかりさんには欠かせない。

生活防衛資金の準備を怠らなかった

生活するための資金がなければ投資どころではないだろう。

2022年を迎えるまで無収入であっても生き延びられる資金を確保してあるので、投資に限らず、心に余裕を持って今の生活を楽しむことができる。

投資余力を十分に残していた

生活防衛資金を確保しつつ投資余力も確保していた点も褒めてあげたい。

カネがなければそもそも市場に参加できないわけで、基本的なことかもしれないけどこれができないで指を咥えながら暴落をただひたすら眺めているだけの投資家も少なくない気がする。

予め投資する銘柄を絞り込んでいた

これは良かった点でもあり、反省点でもある。

まったく興味のなかった銘柄にいきなり投資するみたいな行動をとることはなかったので一応良かった点にしておく。

反省点

ETFよりも個別株に集中投資してしまった

特定の株がダダ下がりしていたため、欲に溺れて個別株に集中投資してしまった。

10万円と少額ではあるものの、この金額が50万とか100万になってしまい仮に投資先の企業が倒産でもしてしまったら投資から撤退することになってしまうかもしれない。

小出しで買わなかった

先月にエクソンモービル(XOM)を10万円分購入したものの、1ヶ月もたたないうちに半値になってしまった。

これから値を戻していくことに期待したいけど、こればかりはわからない。

5万円ずつとか小出しで買い増しして時間を味方につければ、マイナスにはなったかもしれないが、ここまでの含み損を抱えることもなかったと思う。

相場を読んでしまった

「まだ下がるだろう」「そろそろ上がるだろう」みたいなデイトレーダー的な考えをしてしまった。

この道のプロでも読めない相場をシロウトの自分が読めるはずもない。

こういった行動が投資→投機に向かわせてしまうと考えます。

ポートフォリオを崩してしまった

これが今回の一番の反省点だと思う。

ETFによる分散を主軸に投資をしているつもりだったが、今回の相場で個別株を買い付けた結果、気づいたら油まみれのヤニ中ポートフォリオになってしまった。

現時点で倒産リスクを多々抱えたポートフォリオを保有しているということになる。

これはヤヴァイ。

改善点

以上を踏まえて改善点を考えていく。

この作業が今後の投資成績と人生に大きく影響を与えると思うので、めんどくさがらずにきちんと取り組んでいく。

暴落時の投資ルールを予め決めておく

先日10万円分買い付けたロイヤル・ダッチ・シェル、配当利回りが脅威の11%なのだけど減配したり倒産してしまっては意味がない。

個人的にはこの銘柄への投資は間違っていないと考えているが、度が過ぎると取り返しがつかないことになるので、無理のない範囲で暴落を楽しみたい。

というわけで、今後は暴落時におけるルールを以下のように設けることにした。

  1. 予め狙っていた銘柄以外は買い付けない
  2. 暴落時に遊べる投資金額は月10万まで
  3. 1銘柄につき一度に投資する金額は5万まで

着実に配当を増やすためにもETFによる分散投資を

暴落時は個別株の配当利回りは8%とか10%とかすごいことになるけれど、もちろんETFについても配当利回りは高まる。

自分が投資しているETFは「HDV」「SPYD」「VYM」の3つだが、今後はこれらを中心に投資していきたい。

ただでさえ株式オンリーのリスクをとった投資をしているので、”着実に”分散投資をして資産の拡大を狙っていく。

暴落時こそ己の投資ルールを守る

これが最も難しい、かつ重要な改善点だろう。

今回の暴落で学んだこと、自分の感情・欲望と向き合うことがどれほど難しいことか。

明確な投資ルールを今一度考えて、愚直に守っていきたい。

ショートカットしすぎて道を踏み外し転落してしまっては意味がない。

今回の暴落でこのことを学べただけでも、本当に良い経験になったと思う。

さて、もうしばらく暴落を楽しみますか。

スポンサーリンク

シェアする