高配当ETF「HDV」と「VYM」を計21万円分買い増しました。

月が変わって投資資金を確保したので、さっそく株式取引。

今月も強気に攻めていきますよ!

今回の株式取引

資産売却の部

今回は以下の銘柄について、売却を実施しました。

  • SPXL:638ドル(≒68,570円)

買付額が537ドルだったので、101ドル(≒10,850円)の利確となりました。

リスクをとった割には大した儲けがなく、利益的にはプラスだったけど個人的にはSPXLへの投資は失敗だったと考えています。

というのも、SPXLは配当金を生まない金融商品なので、ホールドし続けるほどの魅力を感じませんでした。

やはり、自分には値上がり益よりも配当が合ってます。

まぁ、利益はプラスだったし良い経験になったのでよしとします。

資産買付の部

今回は以下の銘柄について、買付を実施しました。

  • HDV:981ドル(≒105,460円)
  • VYM:1029ドル(≒110,570円)

合計で2,010ドル(≒215,950円)の買付けです。

今まで高配当ETF「SPYD」ばかりを買い増ししていたわけですが、今回のコロナショックで不況局面にはめっぽう弱いことがよくわかりました。

これは絶好の買い時かな?とも思いましたが、暴落した株価がもとの水準まで戻す保証などどこにもないですし、より実績のある&配当利回りが魅力的な水準に達している「HDV」と「VYM」を買い増しした次第です。

「HDV」「VYM」は、過去のチャートを眺める限り、配当に加えて値上がり益も期待できる銘柄だと思います。

そのまま保有し続けて配当を貰ってもいいし、まとまった資金が必要になった際には一部取り崩してもいいと思います。

これらのETFのほうが将来的な選択肢が多いし、SPYDと比べて配当利回りは少し落ちますが、安心して保有し続けられます。

現在のポートフォリオ

ポートフォリオから「SPXL」がなくなりました。

代わりに、「HDV」と「VYM」の保有比率が10%→14%に伸び、よりETFの割合が多いポートフォリオとなっています。

目標は「SPYD」「HDV」「VYM」の3均等分散ですから、まだ道半ばといったところですね。

個別株については、値上がり次第順次売却していきたいのですが、株価がなかなか上がってくれないので、辛抱強くホールドし続けようと思います。

MOやPMやXOMといった現在保有している個別株は、連続増配銘柄なので持っているだけで配当が増え続ける可能性が高いですし、ちょっとのことでは潰れない企業ばかりなので、ETFと同様に安心して保有し続けられます。

このまま永久保有してもいいけど、自分は心配性なので今後年単位で個別株→ETFへとシフトしていき(旨味は薄れるかもしれませんが)より強固なポートフォリオにしていきます。

7月に入りさっそく21万円分を買い付けたわけですが、今月はまだ始まったばかりですので、株価が下がってきたらさらに積極的に買い増ししていく予定です。

健康的な身体とローコストで生きられる節約生活あっての投資だと考えているので、これからも自分を大切にしながら投資を楽しんでいこうと思います。

それでは皆さん、良い投資ライフを。